給与計算アウトソーシングやソフト活用で業務ラクラク経営力アップ!

複数の男女

決算から申告までの概要

パソコン

決算処理

決算申告を迎えるに当たってまず最初に決算処理をしなくてはいけません。決算処理を行うに当たりましては通常の仕訳処理(日々の伝票・仕訳整理)と決算処理(決算期末のみの整理事項)を行い、今期の決算を組んだうえで、その決算に基づいて決算申告を行うこととなります。通常の仕訳処理とは、日々の会社活動の中で発生した経済取引を会計伝票に記載し、この会計伝票を整理・記録することです。慣れてしまえばそれほど難しい処理ではありませんが、数量的にボリュームがあるため1番時間がかかる部分だと思います。決算処理とは、事業年度が終了する時点で処理を行うもので、代表的なものとしては減価償却、売掛・買掛・棚卸の整理等があります。決算申告の中で行う処理の中では少しテクニカルな処理となってきます。以上の2点が決算申告を行う際の第一通過点となる決算処理です。

申告調整

決算処理が終了した後、株主総会等の承認を受けた確定した決算に基づいて申告調整を行うことになります。申告調整とは、所得金額(法人税の課税対象となる金額)を算出するために、確定した決算で計算した利益の額に税務上の調整(益金算入・不算入、損金算入・不算入)を行うことです。代表的な調整事項としては税金(国税・地方税)の損金不算入、交際費の損金不算入、受取配当金の益金不算入、寄付金の損金不算入、繰越欠損金の損金算入等があります。上記調整事項でもかなりテクニカルな内容ですが、その他にも特別償却・税額控除や圧縮記帳等多種多様な申告調整がありますので、このあたりの計算等になると素人では手に負えなくなりますので、専門家である税理士へお願いした方が無難だと思います。